<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 30日
よかった、と心から思える瞬間
ちゃーです。
馬話。

昨日、天皇賞(春)というとっても由緒正しきG1レースがあったわけですが、
今年の優勝馬は僕の心の友、メイショウサムソンでした。

何故彼が好きなのか、少し考えてみる。
まず、馬本人について言及するならば
彼はあまり優秀な血統ではない。
さらサラブレットは血統が命、血で走るのである。
かのディープインパクトなんてそれはもう素晴らしい、一流血統なわけだが
サムソン君はそうではない。
下手すると、中央競馬ではなく、地方競馬に売り飛ばされていたかもしれない、
それぐらい期待されていなかったのだ。

また、騎手は今年40越えの石橋さんである。
普通の人は競馬の騎手と言うと武豊しかしらないわけだが、
競馬ファンであっても石橋さんはなかなか知らない、
少なくともサムソン君と出会うまで、僕も名前を知らなかった。
通常(かどうかは分からないが)競馬は、日常的な馬のトレーニングをする人、と
実際にレースで騎乗する人は各々違う人で、つまり分業されている。
だが期待されていない馬は、専用の騎手を雇うと余計なお金がかかるから、
というのでトレーニングをしている人をそのままレースに騎乗させたりする。
まさに、サムソン君がこれなのだ。
この意味では、与えられた本当に少ないチャンスを
見事に活かした石橋騎手はすごい。

ディープインパクトのような、世間から脚光を浴びて、一流のスタッフと
莫大な資本に支えられ、当然の如く勝つ強い馬、
この対局にサムソン君はいる。
何故、彼が勝てたのか?
一つには、日頃のトレーニングから本番まで、
まさにパートナーとして一緒に過ごした石橋騎手との絆の力であろう。
また一つには、彼特有の「他の馬と並んだら、何が何でも抜かさせない」
勝負根性、精神力の強さであろう。

ファンである僕が言うのもなんだが、彼は決して能力の高い馬ではないと思う。
だが、彼が勝つと嬉しい。
実直であることの尊さを見せてくれるから、
努力は実ることを教えてくれるから、
才能なんて無くても、期待なんてされてなくても、
結果は残せることを証明してくれるから。
本当に涙が出る。
ありがとう、
おめでとう、
サムソン。
[PR]

by dr_q | 2007-04-30 06:59 |
2007年 04月 24日
人は動かじ
ちゃーです。
たまの更新。

「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」
山元五十六

うん、そうそう。
通常は会社組織の中にあっても、いや会社組織だからこそ人は動かないもの。
しかも、改革をすすめる必要があるような企業って個人のテリトリーが妙に固定化されていて、
「やろう!」って誰かが言い出すと、一斉に冷ややかな視線が浴びせられる始末。

そんな中でも、何とか人を動かして行く方法はいくつかあって、今日のお言葉もその一つ。
がちがちの組織には「丁寧に、粘り強く、地道に、繰替えし」変化を起こして
少しづつ組織をやわらかくして行くしかないんだろうなぁ、などと考える。
オピニオンリーダーと酒でも飲みにいってネゴって、組織の中心メンバーを味方につけて、とか
「四角い組織を丸くする」のは地味な努力であろう、僕はカリスマじゃないし。
本格的な変革はその後。

こういう泥臭い活動はけっこう好きです。
[PR]

by dr_q | 2007-04-24 12:52 | 徒然
2007年 04月 15日
奇跡の価値は
ちゃーです。
ある方よりお叱りを受けたのでwブログ再開です。
診断士受験生に送ります。

「診断士って合格するとなんか良いことあるの?」
「診断士資格をとっても喰っていくのは難しいよ」
こんな話って診断士を志す者ならば一度は遭遇したことが
あるのではないでしょうか。

さて、「奇跡」なんて言ってしまうとちょっと大げさかもしれませんが、
あの難しい(正確には、狙って合格することは難しい)試験に
ようやく合格した時、僕達はいったい何をその対価として得ることができるのか。

ある人は診断士資格のことをその可能性の無限性から
”マジックライセンス”と呼んでいます。
でも、僕は少し違った意味でこの呼び名を使いたいのです。
つまり、診断士資格は合格者の夢を叶える”マジックライセンス”である。

ただし、夢を叶えられる人には条件があります。
それは診断士試験の合格に「熱い思いを抱いていること」です。
その証拠に少なくとも僕の周りにはそういう診断士が沢山います。

診断士試験に合格すると、なぜ夢が叶うのか。
実は、この理屈はとても簡単です。
「もともと夢を自力で叶えられる力を持った人」が
結果として合格者になっているからです。

そもそも、受験生は皆苦労して時間を捻出して勉強しているわけです。
しかも、実際に合格する人ともなればその量も人一倍であるのが通常だし、
その苦労たるや並々ならぬものがあります。
なぜ、そんなに頑張れるのか。
答えはもちろん「診断士に合格したら」やりたいことがあるからであり、
それが自分の人生にとって本当に大事なものだからです。
それだけのエネルギーを持った人であれば「診断士試験に合格したら」という
足かせが外れた瞬間に夢の実現に向かって邁進して行くことは間違いないし、
その実現がそれほど遠い先の未来でもないことは間違いないでしょう。

今、苦労している受験生。
熱い思いを持った受験生。
あなたの思いは合格すればきっと果たせます。
だから、がんばって。
合格して下さい。
[PR]

by dr_q | 2007-04-15 00:59 | 診断士