<   2006年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 16日
前日なわけですが
ちゃーです。
いよいよ、明日ですね。

今日はTAC渋谷校の自習室で最後の与件分析&詰め込み、
夕方から池袋校で模擬面接を受けます。
ちなみに、これで都内は全校舎制覇かも。

しかし、僕の場合10/22以降は怖くて与件が見られなかったため、
この一週間は久しぶりに本気で与件に向き合っているわけですが、・・・
やっぱり事例問題って面白く、かつとても難しい。

明日はA社、B社、C社、D社について語れる最後のチャンスになるでしょう。
悔いを残らないよう最後の1日、いってみよう。
[PR]

by dr_q | 2006-12-16 06:58 | 診断士
2006年 12月 14日
問:何故ブランドネームはエニグムですか?
ちゃーです。
家に帰ったらうがい・手洗い。
口述試験は万全の体調で臨みましょう。

さて、僕からの問いです。
何となく思いつきで書きました。

問:
H13年 事例Ⅱにおいて、エニグムのブランド戦略が問われているが、
そもそもブランドネームは何故エニグムなのか。
その出題者の意図を述べよ。

まぁ、たいした話ではないですが。
[PR]

by dr_q | 2006-12-14 22:37 | 診断士
2006年 12月 13日
これからのことも考える
ちゃーです。
口述試験の対策をしつつ、これからのことをどうしようか
思案する日々なわけです。

今後どうするにしても、今の会社を退職することは間違いないので
昨日先輩にその辺の事を相談してみた。
そういうのって空気で伝わっちゃうのか、先輩も察してくれたようで、
思っていたより手続き面ではあっさり済みそうな感触でありました。

さてさて、重要なのは今後なのですが、
僕が指向する方向性は大きく分けて2つ。
一つは、診断士として独立すること。
もう一つは、転職をすること、です。

先日の研究会でも何人かの方からお話を伺えたのだが、
その中でも印象に残ったある現役診断士の方のお言葉。
「俺なんかコネ無し、貯金無しからの独立だったからね」
・・・そっか。
必ずしも準備万端整っていないと独立できない、
ってわけでもないのですね。
「人間どうしょうもなくなったら、それなりに頑張れるもんだよ。」
ははー、ありがたきお言葉。

転職するにしても、いずれ独立することを前提とするもなので、
そのための経験が積めることろが良いなぁ、などと思うわけで。
会計士事務所とかあたってみようかなぁ・・・。

なかなかに、悩ましい話なわけです。
[PR]

by dr_q | 2006-12-13 08:00 | 診断士
2006年 12月 12日
ニューカマーさんへ
ちゃーです。
新人ブロガーさんが増加中ですね。

僕はもうすぐ502の2階に引っ越すわけですが、
3階の住人が続々増えてますね。

診断士受験はひっじょぉーに大変です。
かなり辛いです。
でも、ブログを書くことはそんな受験生活の慰めになりますし、
それに考えを文章にまとめるのは2次対策に有効だし。
そういえば、書いてると思いもしない気付きを得られることもあるし。

とにかく、僕は書いてて良かった。
合格の秘訣のひとつであります。

そうそう、それと同じくらい、
他のブロガーさんたちが何を考えているか知ること。
これはとっても大事です。
ひとりよがりの防止につながりますし、
確実にモチベーションアップにつながります。

長い戦いですが、がんばって下さい。
[PR]

by dr_q | 2006-12-12 12:52 | 診断士
2006年 12月 11日
全力とは何か
ちゃーです。
そうそう、この話を書いとかないといけないんだ。

10/22 平成18年度 診断士2次試験当日
僕は会場に1時間くらい早めについて、
コーヒー飲んだりしながらカードを回していた。
試験開始、30分ぐらい前になって、
リバティに到着すると入り口前にはすでに人だかりが。

「あ、そうだ。先生がいるはずだから、お言葉をもらっていこう。」
TACの講師チームの中に先生はすぐに発見できた。
同士たちも集っていた。

その一人ひとりと握手をしながら、先生はこうおっしゃた。
「ぎりぎりまで粘って下さい。
それから、可能な限り解釈をおこなって、その候補の中から
何を書いて、何を書かないのか、慎重に決めて下さい。」
やっぱりそうだよね、悔いが残らないようにしなきゃな、と思った。

さらに、先生は最後にこうおっしゃった。
「今日が、全力です。
皆さんは今日、初めて全力という言葉の意味を知るでしょう。」
???
いや、いつも全力でやってますよ、僕は。
なんで、今さらそんなこと言われるんだろう。
と、不思議に思いつつも、試験に臨んだ。

試験前に考えていた通り、僕は10/22のその日も、
いつも通りの手順で問題を解き、だいたいいつも通りのデキの答案を書いてきた。
が、結局その日は先生の最後の言葉「全力」の意味が良く分からなかった。

12/8 合格発表
全く期待はしていなかったのだが、僕の番号は確かにそこにあった。
その時、突然気がついたのだ。
あ、あれが全力だ・・・。

つまり、試験当日だけ特別なことをやろうとしても駄目なのである。
120%の力なんて発揮できないし、奇跡や大逆転なんて起きないし、
また期待するべきでもない。
いつもの問練で80%の力を発揮しているとしたら、
試験当日もきっちりとその80%の実力を発揮してくること。
これが、全力なのである。

(と、思ったんですけど、正解ですか?)
[PR]

by dr_q | 2006-12-11 21:56 | 診断士
2006年 12月 11日
Tanks for all(研究会)
ちゃーです。
っていうか先生。酔っぱらい過ぎです・・・。
オレンジのリボンは宝物。

1)きんぜうさんにあったよ
生きんぜうさんは、とってもフレンドリー&クールボイスな
ナイスガイでしたよ。
今日の話を活かして口述ガンバります。

2)生プラスさんにあったよ
ごちゃついてたのであまりお話しできませんでしたが、
つもる話は23日にゆっくりと。
いやいや、あの場でお合いできるとは想定外でした。

3)生ABAさんとあったよ
とってもお話参考になりました。
診断士って、資格手当をもらうために取るものなんですね(笑)。

4)来年の受験生にあったよ
がんばろー。
合格しよー。
本当に協力は惜しまないから。

総括:今日はとってもいい日でした。
[PR]

by dr_q | 2006-12-11 00:28 | 診断士
2006年 12月 09日
入魂のボツログ
ちゃーです。 
言いたいことは腐る程あります。
が、言ってくれている人がいるので、
あえて言及はしません。

昨日は全く眠れませんでした。
合格して嬉しかったからではありません。
実は入魂のボツログを書いていたからです。

いずれ落ちついたら掲載したいと思います。
とにかく今自分にできる全力は最高の口述試験を演じること、
に尽きると思っています。

「口述は落とす試験ではない」
・・・そんなこと知るか!
とにかく全力、死力。
それが僕にできる唯一のことだろう、と思う。

明日は、研究会主催の口述面接です。
そして、これからの受験生に真実を伝えること、
これも2006年合格生としての僕の義務であろう、と思う。

最後に率直な感想。
こんちくしょー、悔しいぞバカやろー。
[PR]

by dr_q | 2006-12-09 23:36 | 診断士
2006年 12月 08日
診断士2006年 2次筆記試験結果
ちゃーです。
銀松ビルにて結果を見てきました。

受験番号92番を探す。

・・・あるよ。
間違ってないよね。
本当だよね。

何も語らずその場を立ち去り、
崩れ落ちましたとさ。

さあ、次だ。
急ぎ口述の対策をいたしますよ。

(続き)
今ダッシュで銀松にビルに行って再確認したけどやっぱりあった。
~銀松ビル近所のインターネット喫茶にて記す~
[PR]

by dr_q | 2006-12-08 10:14 | 診断士
2006年 12月 07日
1年の計、だから次の始まり。
ちゃーです。
明日みんなを待っているのは、
大きな大きな分かれ道。

でも、良かった。
この1年間、二度とは来ないこの2006年に
この受験生活ができたことをとても幸運だったと思う。

応援してくれた相方に感謝。
励ましてくれた先生に感謝。
強力なライバルたちに感謝。
黙って愚痴を聞いてくれた、このブログにも感謝。

この1年間で本当に成長できた。
広い視野、深い洞察力・・・とまでは
行かないまでも、本当に変わったと思う。
去年の敗戦、避けられぬリベンジマッチ。
でもこの1年は決して余計なものではなかった。
むしろ僕にとっては必要なものだったのだ、と思う。

明日の分かれ道でどちらに曲がっても、
僕には足らないものがまだ沢山あります。
僕は多くの人の助けになれるヒトになりたい。
人の幸せを作れるヒトになりたい。
目指す先はいまだに雲の上。

なので、明日どちらに曲がっても
相変わらず特訓は続くのです。
[PR]

by dr_q | 2006-12-07 19:26 | 診断士
2006年 12月 06日
心に残ったコトバ
ちゃーです。
まだ、去年の話。

先生のお言葉。
「お互いにモノを奪い合おうとすると、最後には足りなくなる。
お互いにモノを与え合おうとすると、最後には余る。」

出典はおそらく聖書だと思われるが、
たまたま振替えで出席した講義でこのコトバを聞いたとき、
今後はこの先生に教わらなければならない、と思った。
(とはいえ、2年間も教わる気は無かったのだが・・・)

そしてこれは僕がなりたい診断士のイメージのひとつになった。
別に僕はキリシタンでなんでもないが、このコトバを心から信じている。

All Need Is Love である。

Love & Peace である。
[PR]

by dr_q | 2006-12-06 12:51 | 診断士