<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 31日
なるべく楽しいことを考えることにする
ちゃーです。

八方塞がり【はっぽう-ふさがり】
(1)陰陽道(おんようどう)で、どの方角にも障りがあって何もできない状態。
(2)とるべき手段がなくなり途方に暮れること。
「―でお手上げだ」
三省堂提供「大辞林 第二版」より

薄紅の空の下、仲間たちと酒を酌み交わす
いいな

青い海、家族と過ごす
いいな

黄色い声の子供達と、経済的に豊かな暮らしを送る
いいな

眼を紅くして、合格通知を受取る
いいな

白熱の会議室、やりがいのある仕事を全うする
それ、やろう…
[PR]

by dr_q | 2006-03-31 12:45 | 徒然
2006年 03月 29日
たんたんとにんたい
ちゃーです。
TACの事例演習もⅠ~Ⅳまで一巡しました。

仕事も忙しく、その中で勉強を決まった時間にやる、という
わりと淡々とした生活を送っております。

とはいえ、気付けばもう3月も終りで、4月なんてきっとあっという間で、
そしたら特訓のゴールデンウィークがやってきて、
それが明けたら1次まであと3ヶ月のジェットコースターロードまっしぐらであります。

2次の力がついたのを自覚できるのは6月くらいかな、
聞いた話によると。
それまでは忍耐の毎日ですな。

本田忠勝曰く
「描く未来無く耐えるは、忍耐にあらず。卑屈也。」
僕が描く未来は2次試験合格。
[PR]

by dr_q | 2006-03-29 12:41 | 診断士
2006年 03月 25日
Why dose it happen?
ちゃーです。
Because happen!

2次の演習問題をやる意味。
これは、
間違えたところはなぜ間違えたか、
正解にたどり着けたところはなぜたどり着けたか、
を分析し、本試験に活かすためのものだと考えています。

Why dose it happen?に対する答えを探す作業。
つまり事後分析的なアプローチであり、答えがあらかじめ決まっていない
2次対策ではとても重要な作業だと思っています。

これに体して、2次試験に合格した方に「どうやって合格できたんですか」と聞くと、
口を揃えていうのがBecause happen!です。
これには2重の意味があると思っています。
ひとつは、それだけ曖昧でとらえどころのない試験だという意味、
もうひとつは、合格できるだけの努力をしてきたから結果的に合格できたんだという意味。
結果は過程の産物でありましょう。

自分のしている事の正しさは、ただ結果で問うもの也(虚勢)

というわけで、今日も自分の答案と向き合います。
[PR]

by dr_q | 2006-03-25 09:30 | 診断士
2006年 03月 23日
研修旅行
ちゃーです。
研修旅行の幹事をやらされる羽目になりそうです。

しかも、その実施が9月ということで”ざけんな”ってかんじなのですが、
文句をいわず、指示に従うのがサラリーマン。

で、
<その1:「研修」の内容を何にするか>
お付き合いのある診断士・税理士の先生に2時間ぐらいで講義を
お願いしようと思っているのですが、テーマはなにが良いのかな、と。
対象が全社員なので、レベルに差があり、難しいです。
「情報資産保護」はもういいよ、というのが率直な意見。
個人的には伺いたいテーマがたくさんあるんですけどねぇ。

<その2:宿泊・観光をどうするか>
場所が箱根なので、色々あるにはあるのでしょうが、
年齢層がまちまちなので、対応が難しい。

今、ふと思いました。
平成13年の事例Ⅱ、市場細分化の基準の話ですが、
あの市場細分化がどのように間違っていたのかは
「そのセグメント内の構成員が同質のニーズになるまで市場を細分化できていない」
です。(と思っています)
で今、旅行の企画を考えてゆくと「ニーズが同質化されていない状態では、
適切な企画・提案はできないなぁ」としみじみと感じるもの也。

うん、これに気付けただけでも儲かった、と前向きにとらえてみる。
[PR]

by dr_q | 2006-03-23 12:20 | 徒然
2006年 03月 22日
R30(国内版)発売延期?
ちゃーです。
あれ、いつのまにか発売日延期してますか?

まぁ、今はお金ないし、いまさら英国板買うのもなんなので、
4月26日まで気長に待つことにします。

そしてゴールデンウィークに聴くことにする。
勉強は…いつやろうか…。
[PR]

by dr_q | 2006-03-22 12:50 | 徒然
2006年 03月 22日
いじやける<2次試験の実力>
ちゃーです。
栃木弁です。
果たして力はついているのか…。

不安であります。
過去問を分析したり、チェックリストを使って自分の弱点を研究したり、
教訓をカードにまとめてみたり、自分で事例問題作ってみたり、
色々やっているものの、合格に近づいているのか、とっても不安であります。

例えば去年のこの時期と比べてみる。
去年は初回受験だったのでこの時期は1次の勉強をしていた。
2次が難しいのは分っていたので(本当の意味では分っていなかったが)、
問練は一生懸命やったが平均点取るのがやっとだった気がする。

そういう意味では、今は上級生の中で悪くても平均レベルが
キープできているのだから、良しとしていいのか?

自分が今どの位置にいて、何処に向かおうとしているのか、知りたい…。
ぶっちゃければ「このままやっていけば合格できそうなのか、できなさそうなのか」、
ということになるわけですが。
[PR]

by dr_q | 2006-03-22 12:20 | 診断士
2006年 03月 21日
本日公開!自作事例問題
ちゃーです。
準備が出来たので自作した事例問題を公開してみます。
注:あくまで一介の受験生が受験勉強の一環として、
製作したものなので、品質は期待しないで下さい

問題・採点基準 保存場所
公開期限:2006年10月22日

問題(MS-Word)「consult > mondai.doc」

採点基準(MS-Word)「consult > sai10.doc」

質問・疑問はコメントお願いします。
そうしたところから何か事例問題を解くヒントが見つかればと思っています。
文字化け等、可能な限りは不具合対応いたしますが、
あくまで保証は致しかねますのでご了承下さい。

また、ご協力頂ける方には僕の方で採点させて頂こうと思っています。
ブログをお持ちの方:トラックバックして頂ければコメントで採点します
お持ちでない方:以下のアドレスにメールして頂くけば点数を返信します
rhinoceros_io@yahoo.co.jp
これまた恐縮ですか、忙しいとお返事が遅れると思いますが、なるべく努力します。

・・・さて、どうなるか。
何事もやってみないと、ですからね。
[PR]

by dr_q | 2006-03-21 20:23 | 診断士
2006年 03月 20日
ディープに暴走
ちゃーです。
昨日の阪神競馬場「阪神大章典」にひとことです。

結論から言えば、無事1番人気の三冠馬ディープインパクトが勝利したのですが…、
あの騎乗はなんだ?

当然、ジョッキーは世界の武豊氏なのです。
(注:僕は氏を批判するつもりはサラサラ無い)
例えば、1週目のゴール版の前でかかってたのを押さえきれていませんでしたよね。
例えば、残り1,000Mから一気に上がっていったのは、まくっていったんじゃなくて、
ただ単にもう止められなかったからですよね。

うーん、実力があるってことを改めて証明したともいえますが、
ちゃんと競馬して勝って欲しい…。
三冠馬なんだしさ。
[PR]

by dr_q | 2006-03-20 12:12 |
2006年 03月 17日
帰ってきた…
ちゃーです。
久々にブログに帰ってこられましたよ。

昨日は中小企業施策の講義でした。
どうもこの「施策」は苦手、とか嫌い、という方が多いようですが、
僕はとても好きです。

なぜなら、診断士の学習科目の中で一番抽象度が低いからです。
僕の目的は診断士になって「経営コンサルタントとの仕事をすること」であります。
「助成金」とか「税制優遇措置」とかって、中小企業ならではの強みであって、
実務の世界においてこれが使えなきゃコンサルタントじゃない、は言い過ぎかもしれませんが。

もう理屈の世界の住人から抜け出したいのです。
ファンタジーはもう終り。
もっと泥臭く、否むしろ血生臭いくらいでちょうど良い。

いろいろあるけど、がんばろう。
なろう診断士。
[PR]

by dr_q | 2006-03-17 12:17 | 診断士
2006年 03月 11日
席朝族
ちゃーです。
本日の朝食は会社のデスクで「チーズバーガーセット」です。

なぜ、土曜日に会社にいるのか?
それは、空の秘密でしょうか…、あははは…。

マックのコーヒーは以前に比べ、とてもおいしくなったと思います。
さて、仕事でもしますか。
[PR]

by dr_q | 2006-03-11 08:59 | 徒然