<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 28日
事例Ⅱが苦手な理由
ちゃーです。
事例Ⅱが嫌いです、・・・ウソ、嫌いじゃないけど点が取れません。

その理由を考えてみるのです。

「手がかり:逆に得な事例は?」
事例Ⅰ、Ⅲだと思っています。
事例Ⅰは問われることが予めある程度は想定できます。
おそらくはテーマをまず設定してから、与件をそれに合わせて作る、
という過程を経て作問されているからだと推測しています。
また、そのそも問い方が曖昧なので仮に僕が正解にたどり着けなかったとしても
他の人も同じように間違ってくれるので、相対的には点は来るようです。

また、事例Ⅲは僕にとっては苦手意識は無いです。
皆様は苦手なようです。
よって相対的に得意です。

…なんだこれ。
まぁ、こんなもんか。

で、これを手がかりに事例Ⅱが苦手な理由を考えると
①得意科目にしている受験生が多いため、相対的に点が悪い
②与件を元に答える設問が多く(与件を作る→設問を設定する、作問手順だから?)、
 設問間の関連も薄く、回答の想定が困難
③僕が世間知らずであるため(?)、他の受験生なら気づくであろう
 マーケティング戦略に気づけない
④解決策がいくらでも考えられる、でも何書いても点が来る、というわけではないらしい
etc.これだけじゃないかもしれませんが、難しいですね事例Ⅱ。
「事例Ⅱが得意だ」という方の、その理由を知りたい。

というわけで、これらの問題点を踏まえて解決策を考えるもの也。
[PR]

by dr_q | 2006-02-28 12:45 | 診断士
2006年 02月 27日
「80分間の真実」チームがやってきた
ちゃーです。
今日は「80分間の真実」執筆チームの方がやってきました。

「昨年受験時のアンケートを集めて、次回の執筆に活かす」との主旨でした。
で、アンケートが終わった後に受講生からの質問コーナーがあったのですが、
色々と役に立つお話を頂けました。

特に「最初のうちは解答の精度が悪くて点数が安定しなかった。
演習の点数が安定してきたのは6・7月くらいから」とのお話を聴いて
ものすごく安心しました。
僕も合格できたら後輩に同じ事を言ってあげようと思います。

チームの皆さんは一本筋が通っているというか、
ああ、診断士に合格する人っていうのはこういう人たちなんだなぁ、
と思いました。
大人だ。

やる気になりました。
がんばろう。
[PR]

by dr_q | 2006-02-27 23:56 | 診断士
2006年 02月 27日
難航~事例問題の自作
ちゃーです。
予告どおり事例の自作やってみました。

で、だめです。
上手くいきません。

今回は事例Ⅰもどきなのですが、僕は事例問題の製作手順を
①事例問題全体として受験者に問うテーマを設定する
(例えば、権限委譲とか、モラールの維持・向上とか)。
②設問文と回答例を設定する
③与件文を設定する
の順番で進めました。

一通りの設定を作ってから、いざ全体を見渡して、
事例企業にとって良さそうな回答になっているかな、と確認してみると、
「本当にこれで良くなるの?」「他にもっと重要なやるべきことは無いの?」等、
考え始めると自分の回答そのものに自信が持てない。
って言うか多分おかしい。

うーん、座礁。
過去の事例をもう一度見直して、再検討が必要です。
[PR]

by dr_q | 2006-02-27 12:18 | 診断士
2006年 02月 24日
勝負の心得
ちゃーです。
勝負とは勝つべくして勝つべきか、運を天に任せる賭け事か?

結局ダイジェストしか見ていないんですが、
フィギュアの各選手の演技から勝負の心得について考えました。

レポートによると金メダルを取った荒川さんは
「ミスをしないことを心がけた」のだそうです。
一方で果敢に4回転にトライした安藤さんは、
涙をのむ結果になってしまいました。

で、思うのはに「ミスが無いように…」は自信がないとできない、ということです。
「ミスが無いように…」は言い方を変えれば、実力以上のものを出そうとはしない、
ということですから、まさに”実力が試される”ということになります。
そして、その自信は練習量や大会に対する分析、現場での対応力とか、冷静さとか、
そういったものに裏付けられているのだと思います。

逆に、このままだと勝てそうにない時などには
120%のものを出そうとすることは良くあると思います。
僕はこっちも否定しません、っていうかそれもまさに勝負だと思うのです。
「勝負は時の運」とも言いますし。
…ただ、後味が悪いのは「本当に彼女は自分の意志でトライしたのか」という点です。
あれだけマスコミに騒がれると、他に選択肢が無かったようにも思われ…。

で僕の勝負、診断士試験は「勝つべくして勝つ」で行きますよ。
その自信の裏づけをやるのです。

今週末は事例問題の自作をしてみようと思います。
上手いこと出来たらここでも公開する予定です、乞うご期待。
[PR]

by dr_q | 2006-02-24 12:38 | 徒然
2006年 02月 23日
羨望の実務補習
ちゃ-です。
昨年の合格者の皆様、お疲れ様でした。
今年の合格者の皆様、どうぞよろしくお願いします。

諸兄のエントリを見ていると、とても大変そうですが、
一方で大変羨ましいのであります。

実務がやりたい、実務がやりたい、実務がやりたい、…。
の思いで勉強し続けますよ、10月まで。
[PR]

by dr_q | 2006-02-23 12:16 | 診断士
2006年 02月 21日
27年も経ってしまったか…
ちゃーです。
今日は僕の生誕27周年記念です。
オリンピック選手の大半が、自分より年下になってしましました。

しかし、子供のころは27歳というとえらいおっさんというか、
もう完全に自立した一人前の人間、という印象があったのですが
こはいかに。

まだまだ一人前には程遠いよな、とつくづく思うもの也。

今年は診断士に合格して、
ちゃんと(会社の力ではなく)自分の力でお金を稼げるようになりたい、
人の役、世の中の役に立つことができるようになりたい、
成長したい、一人前の人間になりたい、
活き活きと生きたい、人を育てられるようになりたい、
組織を育てられるようになりたい、喜びを与えたい、共有したい、
いろんな方に恩返しがしたい、そういう一人前の人間になりたい。

すべての始まりは診断合格、と決意を新たにするもの也。
[PR]

by dr_q | 2006-02-21 12:16 | 徒然
2006年 02月 20日
あれ?見落としてたよ
ちゃーです。
昨日に引き続き試験の日程がらみの話です。

すっかり気にしてなかったんですが、
どうやら1次試験の合格基準が聞いていた話と変わっていました。

…要するに”例年どおりの合格基準”ってことじゃん。
これじゃ今年の1次合格率は例年なみじゃん。
今年は1次合格者がほとんど2次に来られないと踏んでたのに、
いっぱい来れちゃうじゃん。
(いや、502のようなまじめに勉強している方が合格されることは
全く異論無いのですよ、もちろん。)

…しかも、2次の試験日が後ろにずれて採点期間が短くなったって事は
①回答次数が減る、②与件文章量が減る、③採点しやすい設問の作り方
などの影響が考えられます。
特に怖いのは③です。
無いとは思うけど、選択式の問題なんて出された日にはリスクヘッジできない。
平成14年の事例Ⅲ(本工程のやつ)みたいな形式になるのかしら。

困惑。
[PR]

by dr_q | 2006-02-20 12:52 | 診断士
2006年 02月 19日
これはちょっとした事件ではないか?
ちゃーです。
502のエントリにトラックバックです。
未だ見ていない診断士受験生の方は、
きちんと協会のホームページでも確認される事をオススメします。

さて事件は診断士協会で起きていました・・・って、大げさですかね?
でも、診断士受験の対策を考える側にとって、これは大きな変化ですよ。
2次の採点結果が公表されるという事は、
これまで比較的手探り状態だった2次の受験対策に対して
かなり明確な情報が提供されてくる事になる訳ですから。

まぁ、僕は今年合格する予定なので直接的には関係ない予定、
関係ないはず、関係ないと良いな、関係ないよねきっと・・・。

見方を変えれば今年の本試験の再現答案は非常に意義のあるものになりますな。
よって、きちんとしたものを作ることにする。
誰のために?、これから受験する方のために。
自分自身には関係ないはずなんだってば!、とがんばってみる。
[PR]

by dr_q | 2006-02-19 11:07 | 診断士
2006年 02月 17日
受験コスト
ちゃーです。
昨日の講義で面白い話を聞いたので、
今日はその話を。

ここをご覧になっている方の大多数は
診断士の受験生ではないかと思われますが、
あなたの受験にかかる費用はおいくらですか?

・・・まず、絶対に必要な費用は受験料です。
1次受験料が14,400円、2次受験料が17,900円ですから、
1発でストレート合格しても32,800円は最低でもかかります。
また、受験指導校を利用するとなると、
おおむね10万円~30万円程度これに上乗せになります。

特に明確なデータはありませんが、診断士の場合、
完全独学で合格される方は少ないとの個人的な感触を鑑みると、
平均で20万円程度はかかっているのでしょうか。
あまり意味のある平均ではありませんが。

・・・さて、ここからが本題です。
コストはこれだけですか?
違いますよね。
そう、最も大きなコストは時間です。
例えば、1次を1回で合格して、2次を2年目に合格するケースでは、
平均して2000時間程度の勉強をしている受験生が多数派のようです。
これがどのくらいの時間なのか、比較するため普段のお仕事の時間を試算してみます。

ちゃんと労働法規を守って週40時間働いて、一ヶ月が4週だと仮定すると、
40時間 × 4週間 × 12ヶ月 = 1,920時間 !

つまり、年収相当のコストが診断士の受験費用として発生しているという結論が導かれます。
年収は人によって違いますが、大金であることは間違いないですよね。
ちなみに僕の場合は皆様に比べるととってもリーズナブルになっております、たぶん。

というわけで「がんばって稼げる診断士になろう」という、お話しでした。
[PR]

by dr_q | 2006-02-17 12:22 | 診断士
2006年 02月 16日
ダスビ
ちゃーです。
次の日曜日は久々に演奏会など聞きに行く予定です。

オーケストラ・ダスビダーニャ
http://www.dasubi.org/

行くきっかけは、
たまたま僕の先輩が演奏するということで
チケットも手に入ったから。
ダスビは1回だけ聞きに行ったことがあるのですが、
ショスタコービッチの曲しか演奏しないという、
良い意味で非常に偏ったオーケストラです。

気分をリフレッシュすることで勉強の効率もぐーんとアップ!、
すると思うんだけどなぁ・・・。
最近、勉強していない時間がむやみに不安です。

本日の講義はショートケースの2回目。
1回1回に集中です!
[PR]

by dr_q | 2006-02-16 12:16 | 徒然