<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2006年 01月 31日
TAC2次のカリキュラムを受けて感想
ちゃーです。
「そりゃ有利だわ、上級生」、これが率直な感想です。

ストレート合格を目指した昨年は2次の本格的な対策は
8月の1次試験が終わった後の2ヶ月しかやってないわけです。
それに対して、2年目の人は(特に1年目の1次を受かっている人)は
1年かけてほぼ2次の勉強だけしてくるわけで、
そりゃストレートで来た受験生とは力の差があるわなぁ、と思うものです。

だって、1つのメソッドを身に付けるだけで1コマ使ってますから。
しかも、そのメソッドはメインの武器だと思ってませんから。
本当の武器は「分析し尽くした過去の事例」から得られたメッセージでしょう。

逆に僕の場合、今年は有利な立場。
いろんな意味でプレッシャーは重いです。
ストレートを狙っている方は「競合は強い」と
覚悟しておいて間違いなしです。
[PR]

by dr_q | 2006-01-31 12:16 | 診断士
2006年 01月 30日
本格始動
ちゃーです。
今日からTACの2次対策講座が
本格的にスタートします。

いよいよ特訓開始!です。
がっつり、やるどー。
[PR]

by dr_q | 2006-01-30 08:55 | 診断士
2006年 01月 28日
We will pay the price,
But we will not count the cost.
ちゃーです。

今日はこれだけ。
要は「人生の掛け金は誰でも一律」って
ことですね。
[PR]

by dr_q | 2006-01-28 21:51 | 徒然
2006年 01月 27日
マニファクチュア・オペレーション・マネジメント
ちゃーです。
直訳すると「家内制手工業における運営管理」です。

昨日の講義は運営管理で在庫管理とIEでした。
特にIEの作業改善の取り組み方は僕のようなシステム屋さんでも
適用してみたら面白いんじゃないかなぁ、などと思った次第です。

その後、家に帰ってから夜中の4時まで、なぜか文字通り内職をしておりました。
嫁の仕事で、とある大学向けに作ったパンフレットを
封筒に詰めるといった作業なのですが、何せ数が多い。
で、さっそく講義で習った両手作業分析や運搬分析による改善を試みてみました。
それほど目に見えた効果はありませんでしたが、
1次知識の習得のには役立ったかもしれません。

というわけで、眠いです。
[PR]

by dr_q | 2006-01-27 12:14 | 診断士
2006年 01月 25日
マンション買うか?
ちゃーです。
嫁が「この物件、良いよ」と1枚の折込チラシを持ってきました。

はて、見てみると駅前、繁華街近い、新築、オール電化、などなど確かに良さ気な物件。
住宅ローンを組むとしたら月9万で30年くらいだし買えなくもないかな、
今は住宅ローンの金利も安いしね…。

…そう、金利が安いんだ。
ということは現金がなくても買えるし、その物件を誰かに月額のローン以上の
家賃で貸し出せば、支払いがペイできた上で収入が得られる。
このスキームを活用しさらにローンを重ねれば、それに比例して収入を増やせる。
まさに、財務レバレッジ!ビバ、住宅バブル!

…止めときます、これからのメドも立ってない身分ですので。
あー、でも本当にいい物件なんだけどなぁ。
[PR]

by dr_q | 2006-01-25 12:11 | 徒然
2006年 01月 24日
財務は間違いノートを作ってみる
ちゃーです。
昨日、先生に言われた通りに事例Ⅳ対策として、
財務の間違いノートを作ろうと思います。

そういえば僕は昨年は1次の対策として、
覚えるためだけノート(正確にはカード)を作ったのですが、
それなりに効果があったような気がします。
本試験の30分前に覚えれば十分なことって結構ありますよ。
でも、それだけで総合10点は差がつくんじゃないかと、感覚論ですが。
選択と集中ですね。

今年の2次事例Ⅳは「こけない」ことが至上命題。
合格を勝ち取るのは事例Ⅰ~Ⅲだ。
[PR]

by dr_q | 2006-01-24 12:19 | 診断士
2006年 01月 22日
人間とは根源的に前向きでクリエイティブなものではないか?
しかし、その発揮を阻んでいる原因こそ組織・人事ではないか?
ちゃーです。

昨日、ITCの会合がありました。
もともと(僕を除けば)優秀な方々が集まっているという事もあり
非常に内容の濃い情報交換になったと思います。

その帰り道の途中で
僕:「今日は来て良かったです。
     ここのところ日常業務と診断士の勉強に追われて、
     気分が沈んでいたところで、皆さんの前向きな話を聞いていて、
     モチベーションが上がってきました。」
Sさん:「そうだね、ここに来るとみんな前向きだから面白いよね。
         こういう集まりが持てるっていうのはITCにしかない利点かもしれないね。
         でも、ここに来るみんなが前向きなのは
企業組織というしがらみの中でやらなきゃいけない事、やっちゃいけない事、
あるいは、利害関係とか、そいうのから解放されいるからなのかもしれないね


これ、僕は事例Ⅰのテーマなんじゃないかと思います。
これから日本は人口が減少して行き、規模の経済性で勝負する
ビジネスモデルは成り立たなくなります。
いわゆる知識集約型の企業が中心となって行くときに、
重要な経営資源はヒトです。
そして、このヒトにいかに活躍してもらうか。
言い換えれば、ヒトがどれだけ働きやすい環境を提供するか、
これが事例Ⅰの根底に流れているテーマなのではないかと、思ったのです。
[PR]

by dr_q | 2006-01-22 08:09 | 診断士
2006年 01月 19日
ITコーディネータの会合
ちゃーです。
ITコーディネータのミーティング(同窓会)が今週末にあります。
皆さんにお会いするのは久しぶりなので楽しみです。

で、診断仕の受験対策としては「中小企業施策」の中にちょろっと
この「ITコーディネータ」が出てくるのでご存知の方もいるかと思いますが、
イメージは「外部CIO」です。
つまり、
 ①当然、情報システムの専門家である
 ②経営者の視点で戦略を立案できる
 ③企業からは独立的である
といった感じです。

でも実際には、診断士がそうであるように、企業内ITCもたくさんいます。
また、実は①と②の両方の力を持っている方は割と少ないと思っています。
僕は②が足りない方で、それが診断士を今こうして勉強している、
理由の一つでもあります。

でも、他の資格試験と違うのは今回のミーティングに代表されるような
コミュニケーションの場があること。
これは一重に幹事の方のお力によるものなのですが、
僕にとってはこれは宝だと思っています。

診断士受験合格後の次のステップで実務に入っていった時に
一番ものを言うのはやっぱり”人”かな、とおぼろげながら感じるものであります。
[PR]

by dr_q | 2006-01-19 12:50 | ITC
2006年 01月 17日
夢にまで見た2次試験
ちゃーです。
2次試験を受ける夢を見ました。

…夢の中で…
「今日はついに2次試験の日か。
この一年で勉強してきた成果を見せるべし。」
気合を入れて試験会場に着席する。

程なくして、試験開始の合図。
大きく深呼吸をしてから、問題用紙を開く。
「さあ、今年の事例はどんな問題だ?
でも、どんな事例企業が出ても対応ができるように対策は充分してあるから、
落ち着いて取り組めば大丈夫。」

与件をざっと一読して。
「…なるほど、テーマは農場の改革ね。
何? 農場?
わー、大変だ-」 \(`o`)/

…で、目が覚めました。
受験生を代表して、正夢でない事を願う。
[PR]

by dr_q | 2006-01-17 12:11 | 診断士
2006年 01月 12日
私的 1次試験突破法 その2
ちゃーです。
以前のエントリの続き、もう少し踏み込んだな試験対策です。
私的 1次試験突破法 その1(長文)

先日、これから診断士を受けるという初学者(システムエンジニア)の方と試験対策について
お話しする機会があり、同じような境遇の方の参考になるかもと思ったので
それを一部直して転載しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
N君向け、1次対策については要約すると以下の通り。
 ①今年、数科目でも良いから合格しておいて欲しい
 ②今年に合格しておくべき科目と来年に持ち越しでよい科目がある
 ③繰り返しになるが「受験勉強のための勉強」が必要

①についは、いわずもがな、1年で7科目いっぺんに合格するのは神業です。
受験指導校の予想では今年の1次合格者は5~7%程度とも言っていました。
逆にいえば、今年に数科目でも合格しておくことのメリットは計り知れません。

②について、基本的には全科目勉強して欲しいのですが、
特に今年で済ませておいて欲しい科目があります。
具体的には「経済(易)」「経営法務(難)」「中小企業経営・施策(易)」
「経営情報システム(中)」は今年で受かって欲しい。
(できれば「運営管理(難)」もチャレンジして欲しい)
逆に、「財務(易)」「経営理論(中)」「運営管理(難)」は来年でも良い。
2次の勉強としてまたどうせ勉強するので。

③ブログにも書きましたが、試験で問われることはおおむね決まっています。
なので、ポイントを絞って理解し、暗記し、応用力をつけることが必要です。
そして、②の今年済ませたい科目の中で受験指導校などで講義を
受けておくべき科目は「経済(易)」「経営法務(難)」(できれば「運営管理(難)」)です。
なお、「中小企業経営・施策(易)」は暗記ものなので理解は不要、
「経営情報システム(中)」はいまさら勉強をする必要も無いでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当然、人それぞれの境遇によって重みを置かなければならない科目は
変わってくると思いますが、一つの考え方として参考になればと思います。
[PR]

by dr_q | 2006-01-12 08:58