2006年 12月 11日 ( 2 )

2006年 12月 11日
全力とは何か
ちゃーです。
そうそう、この話を書いとかないといけないんだ。

10/22 平成18年度 診断士2次試験当日
僕は会場に1時間くらい早めについて、
コーヒー飲んだりしながらカードを回していた。
試験開始、30分ぐらい前になって、
リバティに到着すると入り口前にはすでに人だかりが。

「あ、そうだ。先生がいるはずだから、お言葉をもらっていこう。」
TACの講師チームの中に先生はすぐに発見できた。
同士たちも集っていた。

その一人ひとりと握手をしながら、先生はこうおっしゃた。
「ぎりぎりまで粘って下さい。
それから、可能な限り解釈をおこなって、その候補の中から
何を書いて、何を書かないのか、慎重に決めて下さい。」
やっぱりそうだよね、悔いが残らないようにしなきゃな、と思った。

さらに、先生は最後にこうおっしゃった。
「今日が、全力です。
皆さんは今日、初めて全力という言葉の意味を知るでしょう。」
???
いや、いつも全力でやってますよ、僕は。
なんで、今さらそんなこと言われるんだろう。
と、不思議に思いつつも、試験に臨んだ。

試験前に考えていた通り、僕は10/22のその日も、
いつも通りの手順で問題を解き、だいたいいつも通りのデキの答案を書いてきた。
が、結局その日は先生の最後の言葉「全力」の意味が良く分からなかった。

12/8 合格発表
全く期待はしていなかったのだが、僕の番号は確かにそこにあった。
その時、突然気がついたのだ。
あ、あれが全力だ・・・。

つまり、試験当日だけ特別なことをやろうとしても駄目なのである。
120%の力なんて発揮できないし、奇跡や大逆転なんて起きないし、
また期待するべきでもない。
いつもの問練で80%の力を発揮しているとしたら、
試験当日もきっちりとその80%の実力を発揮してくること。
これが、全力なのである。

(と、思ったんですけど、正解ですか?)
[PR]

by dr_q | 2006-12-11 21:56 | 診断士
2006年 12月 11日
Tanks for all(研究会)
ちゃーです。
っていうか先生。酔っぱらい過ぎです・・・。
オレンジのリボンは宝物。

1)きんぜうさんにあったよ
生きんぜうさんは、とってもフレンドリー&クールボイスな
ナイスガイでしたよ。
今日の話を活かして口述ガンバります。

2)生プラスさんにあったよ
ごちゃついてたのであまりお話しできませんでしたが、
つもる話は23日にゆっくりと。
いやいや、あの場でお合いできるとは想定外でした。

3)生ABAさんとあったよ
とってもお話参考になりました。
診断士って、資格手当をもらうために取るものなんですね(笑)。

4)来年の受験生にあったよ
がんばろー。
合格しよー。
本当に協力は惜しまないから。

総括:今日はとってもいい日でした。
[PR]

by dr_q | 2006-12-11 00:28 | 診断士