2006年 02月 24日 ( 1 )

2006年 02月 24日
勝負の心得
ちゃーです。
勝負とは勝つべくして勝つべきか、運を天に任せる賭け事か?

結局ダイジェストしか見ていないんですが、
フィギュアの各選手の演技から勝負の心得について考えました。

レポートによると金メダルを取った荒川さんは
「ミスをしないことを心がけた」のだそうです。
一方で果敢に4回転にトライした安藤さんは、
涙をのむ結果になってしまいました。

で、思うのはに「ミスが無いように…」は自信がないとできない、ということです。
「ミスが無いように…」は言い方を変えれば、実力以上のものを出そうとはしない、
ということですから、まさに”実力が試される”ということになります。
そして、その自信は練習量や大会に対する分析、現場での対応力とか、冷静さとか、
そういったものに裏付けられているのだと思います。

逆に、このままだと勝てそうにない時などには
120%のものを出そうとすることは良くあると思います。
僕はこっちも否定しません、っていうかそれもまさに勝負だと思うのです。
「勝負は時の運」とも言いますし。
…ただ、後味が悪いのは「本当に彼女は自分の意志でトライしたのか」という点です。
あれだけマスコミに騒がれると、他に選択肢が無かったようにも思われ…。

で僕の勝負、診断士試験は「勝つべくして勝つ」で行きますよ。
その自信の裏づけをやるのです。

今週末は事例問題の自作をしてみようと思います。
上手いこと出来たらここでも公開する予定です、乞うご期待。
[PR]

by dr_q | 2006-02-24 12:38 | 徒然