2007年 10月 06日
残る2週間は、段取り主義で
ちゃーです。
本番まであと2週間ですか・・・、緊張MAXですよね。

ちゃーは去年無事に2次試験に合格できたわけですが、
その時期に考えていたのは本番までの段取り、
もっと考えていたのは本番での段取り、でした。

たとえば、残り2週間で行う予定の作業(勉強という言い方は
あえてしない)を時間単位でスケジューリングしました。
もちろんスケジュール通りになんて上手くは行かないのですが、
残された時間で何をこなすことが、自分にできる最善なのかを
明確にすることが一番大事です。
なぜなら「やるだけやったぜ」という実績があれば、
本番で発生するちょっとした事件に対しても、
腹を括って、自信を持って対応できるようになるからです。

合格するには、本番でエラーをしないこと。
それも、つまらないエラーをしないこと。
本番では、どうせ想定外のことが起こるはずなんです。
ひるまず、冷静に対応すること。
そのためにも、そうした例外への対処を
きっちり想定しておくこと、腹を括ること。
半分精神論ですが。
たとえば、どんなにあせっても、びびっても
自分がいつもやっている回答プロセスは本番でも遵守する。
もし、その場で変更するとしたらその基準は・・・、
とか決めておきましょう。

それから、本番では全力を出し切ってほしいのですが、
全力を出し切るってことは、潜在能力を発揮して、
いつもの120%の力を出すことではありません。
本番だけうまくやろうとしたら、確実に足元をすくわれます。
いつもの自分が80%の力しか出せないのだとしたら、
それが自分にとっての全力です。
この80%を85%にするための努力は
今まで十分にしてきたはずですから、最後だけ無理しないこと。
自分からわざわざ例外を作らない。
気張るのはいいですが、力まない。

去年の僕はこんなことを考えていたはずです。

そうそう、最後に緊張のほぐし方。
過緊張というものがあります。
要は緊張し過ぎると、その反動で逆に力が抜けるってやつです。
これを意図的に利用して緊張をほぐす方法として、
 1.手を強く握り締める、などしてとにかく全身に力を一杯に入れます(30秒くらい)
 2.大きく息を吐いて、ゆっくり力を抜きます
これだけです。

健闘を!
[PR]

by dr_q | 2007-10-06 10:54 | 診断士


<< Good Luck!      第1部【完】 >>