2007年 07月 15日
実務補習セカンド(3日目)
ちゃーです。
実務補習は順調に進んでいます、ご期待に沿えず申し訳ないw。

今日は3日目、診断協会で報告書の摺り合わせをしました。
やっぱり他人の、特に実務経験の厚い方が書いたレポートは
自分の想像を超えており、大変勉強になります。

今回は、中小企業向けの融資のキャリアをお持ちの方が同じ班にいて、
その方の財務分析がとても勉強になりました。
思ったのは参考にする数字のバリエーションが広いこと、
財務の指標値を評価するときに従業員規模別とか、利益率の高い順だとか
色々な比較から現状をあぶりだして行く。
もちろん情報のソースを持っていないとだめなわけですが、
今度できたら真似してみようと密かに画策しています。

そうそう、手前味噌なのですが今回すごく上手く行ったことをもうひとつ。
事例Ⅳって、僕は与件分から入っていって財務諸表がきっとこうなっているだろうな、
とめぼしをつけてから数字を見に行っていたタイプなんですが
それが今回とっても活きてます。
つまり、業務状況の定性的な調査結果から、
それを粘着質に整理・分析した結果が、財務諸表の数値と結果的に
きれいに当てはまっていて、なんかもうとっても快感。。。
事例問題の勉強は無駄じゃないよ、というお話でした。

さて、最後のまとめに入ります。
[PR]

by dr_q | 2007-07-15 19:31 | 診断士


<< 実務補習セカンド(4日目)      実務補習セカンド(なか日) >>