2007年 01月 05日
見義不成 無勇也
ちゃーです。
今年の年賀で最も印象に残った一節。

読みは、
「義を見て成ら不るは、勇無き也
(ギヲミテ ナラザル ハ ユウナキ ナリ)」
で良いと思います。
たぶん。

解釈するに、
「通常の’しきたり’や慣習に重きを置いて、
結局やりたいことが出来ないのは、勇気が無いのと一緒だ」
ということでしょう。
「虎穴にいらずんば虎子を得ず」と似てるかな。
今年は、望むまでもなくたくさんの虎穴に入って行くことになりそうです。

まずは今日、80分間の真実の顔見せ会です。
そして明日は、TACの祝賀会。
想定問答集など作ってみましたが、
はたまた如何に。
[PR]

by dr_q | 2007-01-05 12:56 | 徒然


<< では、早速[80分間の真実]      外部環境による動機付けは、モチ... >>