2006年 06月 16日
財務事例のでき
ちゃーです。
久しぶりに、健闘できました。

やっぱり事例を解く前に目標を決めてかかるのは
とても効果的なようです。
問題自体も簡単だったかもしれませんが、
昨日のできにはある程度満足が得られました。

さて課題の克服状況ですが、
①経営分析の回答時間の短縮
30分くらい掛かってしまいました。
予定時間に対してはオーバーで、これにより
計算問題の見直しに割く時間が確保できませんでした。
しかし、結果的にはこれ以上時間をかけたからといって、
正解に近づける要素は無かったので、対応としては
まずまず良かっただったのではないかと思っています。

②取れる問題をきちんと取る
上記の通り「経営分析に深入りして、
取れる問題を取りこぼすミス」は避けられました。

③計算ミスの撲滅
計算ミスによる失点が少なくとも10点は発生しました。
これは、見直しに割く時間が無かったことも関係していると思います。

で、これらを踏まえて今後の課題
①経営分析時間の更なる短縮化⇒余裕時間の確保
②計算ミスの撲滅⇒失点要因の最小化

課題に実現に向けて、
・毎日の計算演習にて、検算を行う
 ⇒検算に掛かる時間そのものの短縮を狙う

今後は「事例演習の前に目標設定」「事後に反省」、
のサイクルをここで展開しようと思います
[PR]

by dr_q | 2006-06-16 12:57 | 診断士


<< 制度設計までは2割      久々の事例演習、でっきるかな? >>