2006年 06月 14日
アシストできる?
ちゃーです。
いつか書こうと思ってたことなのですが、
W杯が盛り上がっているこの機会に記しておこうと思います。
(ちなみに、私はサッカー詳しくないです)

昔々、日本でJリーグが発足した時のこと。
当時もてはやされたスタープレーヤーって、ほとんどがFWだったんですよね。
つまり「直接点を取る人」に焦点があたっていた思います。
今でいえばブラジルのロナウドみたいな人のイメージです。
覚えている限りだとカズ、とか武田とか?

これに対して、昨今焦点があたっている人は、MFタイプが多いですよね。
テレビのダイジェストでも「今日中村が2アシスト」とか表現してますが、
つまり「得点機会を演出する人」にスポットが移ったように感じるのです。

これって何なんでしょう。
僕なりの答えは「日本におけるサッカー視聴のレベルが上がった」ってこと
ではないかと思います。
「得点はチームプレイの結果である、得点は組織力が築き上げるものだ」
っていうことをみんなが理解できてきた、みたいな。

あー、何を言いたいのか、これ以上書くのは野暮ってものですね。
・・・もちろん、2次の答案だったら野暮でもなんでも書きますが。
[PR]

by dr_q | 2006-06-14 12:15 | 診断士


<< [80分間の真実]感想      感謝 >>