2005年 12月 20日
判りましたよ
ちゃーです。

今年の2次試験不合格の理由が判明しました。
原因は「事例3での足切り」と思われます。

実はこれまで事例4→1→2の順番で自分の
回答を分析してきたのですが、
分析すればするほど”ハズシ”て無いんです。
なので、なんで落ちたのか判らなくて、煩悶する日々が続いていました。

で、事例3の分析に入ったところ、
ダメじゃん

例えば、
a)
問 1-(2) 個別生産と標準生産の違いから留意点を指摘する問題
僕の答え:一生懸命 受注生産と見込み生産の違いを記述する
・・・完全にハズしてます、失点ポイントは勘違いですね。

b)
問 2 工場の改革のすすめ方(ISOについての与件文から
                    トップダウンの方向性で記述する)
僕の答え:現場力を生かして、ボトムアップ型の改革を!
・・・ISOが出てきてボトムアップって事は無いですよね。
 それに「改革」ときたらトップダウン、「改善」ときたらボトムアップ、
 基本中の基本をハズしました、 失点ポイントは見落としです。

とりあえず、自分の力不足を自覚できました。
ということは、裏を返せば”力を伸ばせる”ということ。
つまり、この一年がんばって能力向上に努めれば、
おのずと合格はやってくるってことだ、やったね。

・・・初心に戻って、やり直しですね。
[PR]

by dr_q | 2005-12-20 12:49 | 診断士


<< 2次口述試験 合格発表      さぼった >>