2006年 04月 04日
熱い、事例Ⅰ
ちゃーです。
事例Ⅰの講義はいつも熱いものがこみ上げてきます。

事例Ⅰの抜本的なテーマ。
それは「人を活かす」ということ。
(僕はこれを「人を生かす」と表現できることが、これからの時代に、
特に日本に、求められる経営者の姿だと思っているのですが)

なんでこんなテーマを診断士試験で問わなければならないかと考えると
①人口減少の日本社会:人材の有効利用は最重要テーマであるから
②産業のサービス化:主要な経営資源が「モノ」から「ヒト」へと移行して行くから
など挙げられますが、最も重要なのはこれでしょう
③日本企業の現状:ヒトを活かせていないがゆえに業績が低迷している中小企業が存在する
むしろ「そんな企業が多い」ぐらいの表現でも良いのかもしれません。
これ以上は、ここで語る必要はないと思います。

僕は今「活かされる」側の人間であります。
これからは「活かす」側の人間になりたいと思ふもの也。
[PR]

by dr_q | 2006-04-04 12:14 | 診断士


<< 演習2順目      サクラが満開ですが >>